キャリアステップ新卒 薬剤師職

キャリアアップシステム
調剤・OTCで患者様・お客様を
トータルにサポート

薬剤師として、医療用医薬品を中心にOTC、健康食品、サプリメント等を学ぶことで、調剤・在宅・セルフメディケーションへの対応力を身に付けます。当社では、入社後、チューターや薬局長を経験し、その後新人教育や薬局運営など、薬剤師としてだけでなく企業人として能力を発揮することもできます。

キャリアアップの流れ
キャリアアップ勤務薬剤師 ▶ 薬局長兼管理薬剤師

薬局運営管理
具体的な業務は、調剤薬局としての調剤業務・監査業務・投薬業務、医薬品の発注や在庫管理、またOTCを買いに来られるお客さま対応などを行っています。またスタッフの教育・管理や薬局内の業務改善なども任されています。その他には病院・クリニックや製薬メーカーのMR、医薬品卸などとのやり取りの窓口としての役割も担っています。

キャリアアップ薬局長 ▶ スーパーバイザー

薬局マネジメント
広島・山口・福岡の11店舗の薬局を統括。地域の方々に信頼され、必要とされる薬局となることを最も大切にし、そのために必要な薬剤師の教育・成長のサポートや薬局の機能強化などに取り組んでいます。マネジメント業務としては、調剤報酬の分析、薬剤師・医療事務の人員配置、調剤機器の選定・導入、新規の出店や改装業務も行っています。私の担当エリアでは、開局1年以内の薬局が5つあり、新たな地域でのチャレンジを行っています。まずは一人でも多くの患者さまに、当社の薬局に足を運んでもらうことを目標にしています。

在宅医療への取り組み

訪問服薬指導
薬剤師自らが患者さまのご自宅を訪問し、生活環境を把握したうえで服薬のサポートを行う訪問服薬指導に取り組んでいます。「チーム医療」を軸に、薬剤師として患者さまの薬への悩みや思いをくみ取り、医師をはじめ、看護師、管理栄養士、ケアマネージャーなどに相談し、改善していく役割を担っています。さらには、医師の診療に立ち会ったり、医師へ処方提案を行ったりと、処方設計の段階から関わることもあり、医療人としての自覚がさらに強まります。