安田女子大学 2018年入社

OTC医薬品の接客はもちろん、特に在宅医療に興味があり県内でも在宅件数が多いTGNを志望しました。現在はドラッグストア併設の調剤薬局勤務。接客を数多く経験するなかで、地域の中でのドラッグストア併設薬局が担う役割の深さを実感しています。

広島国際大学 2017年入社

私は患者様の生活に寄り添える薬剤師を目標としており、TGNであれば私の理想としている薬剤師や、これから求められる薬剤師像に近づくことができると考え入社を決めました。

福山大学 2017年入社

進路を決める時、患者様との距離が近く、処方せん対応だけではなく、OTCも充実しているドラッグストアで働く姿が一番合っていると感じ、地域に根付き親しまれているTGNを選びました。ドラッグストアと薬局の相乗効果を実感しながら、日々の業務に取り組んでいます。

神戸薬科大学 2018年入社

在宅に特化した医療機関と連携して在宅療養支援を行う薬局に勤務しています。患者様に誠実に向き合い、心を許してくださると嬉しく、自信にもつながります。

広島大学 2018年入社

TGNでなら、中国地区でNo.1という規模を生かし、調剤薬剤師としてはもちろん、地域という大きな枠組みで、様々な取り組みなどトータル的に健康をサポートできる働き方ができると思ったからです。

福岡大学 2013年入社

自分の学んだことを後輩や新入社員に伝えるような人材育成の分野に携わりたい、という夢があります。その思いを受け止め、様々な経験をさせてもらっています。社員一人ひとりの考えを尊重し、夢へのチャンスを与えてくれる会社です。

大阪薬科大学 2016年入社

入社して感じることは、地域の方からの信頼が本当に厚いということ。それは社員がいきいきと楽しく仕事をしているからだと思います。目の前のお客様や患者様に何ができるのか、皆が一丸となって取り組み、情報を共有できる環境であることが強みです。

神戸学院大学 2015年入社

大型の総合病院前の店舗では様々な科目の処方箋を応需しており、調剤業務経験も徹底的に技術を磨くことができ、地域医療の一端を担う存在としてとてもやりがいを感じています。調剤薬剤師としても成長できる環境 があることも入社を決めた理由です。

2014年入社 佐藤 雅世(薬剤師)

患者さま一人ひとりに寄り添う医療で、
薬とともに優しさも届ける。

病気がちだった幼少期、いつも笑顔で励ましてくれる薬剤師との出会いをきっかけに薬学部へ。趣味が多く、今はカフェ巡りや映画鑑賞(特にアクション映画)、ホットヨガに熱中。時間に余裕のある休日は、友人と買い物やドライブ、新しい料理に挑戦している。

毎日成長できるシゴト
当社では、調剤とOTC、両方でお客様と関わることができます。さらに、面分業で対応する調剤薬局も多く、カバーする診療科の処方箋調剤も様々です。その分、多くの知識を身につけ経験を積むことが必要なため、研修制度やキャリアプランでしっかり社員の成長をサポートしています。

充実した生活を土台に自分たちもいきいき働く。
薬剤師という仕事のやりがいは、患者さまと薬、ひいては健康の架け橋になれることです。糖尿病専門の門前薬局に勤務した頃、ある糖尿病患者さまに出会いました。その方は、介護疲れによるストレスで甘い物を食べてしまうことを主治医にも言えず悩んでいたのです。そこで相談に乗り、どうしても食べたい時のために低カロリーの食品を紹介させていただきました。1か月後、その方が持ってきたのは血糖測定ノート。「少しだけど血糖値が改善したの」と嬉しそうに見せてくださった時は、本当に感激しました。地域に密着しているからこそ、患者さまにとって身近な医療人として心を開いてもらえるのだと思います。

とは言っても、入社したての頃は右も左もわからず余裕のない毎日で、悔しい思いもしました。「A薬とB薬どちらが長く効くのか。これより効く薬はあるのか」と患者さまに聞かれ、すぐお答えできず戸惑っていると、「他の薬剤師さんいる? その人に相談するよ」と言われた時はショックで、自分の力のなさを痛感しました。でも何もしなければそこで終わり。不明点は先輩や同期の薬剤師に尋ね、教えを請いました。薬に関しては辞典などで即座に調べ、補足情報を書き込み、覚える努力を続けました。さらに、先輩薬剤師が付き添ってフォローしてくれるチューター制度や、OTC研修、調剤基礎研修など、社内にしっかりと学びの環境が整っていることも大変役に立っています。新人研修では、毎月異なる病気や症状を扱う講義を受けたり、患者役と薬剤師役で調剤のシミュレーションをすることで、患者さまへの対応も幅広い専門知識も習得できました。今でも、新しい薬についての説明会や興味あるテーマの勉強会には極力参加するようにしています。自宅のパソコンで学べる「e‐ラーニング」も導入されており、時間を見つけては、まだまだ知識に自信のないOTCの講座を受けています。抗生剤の選び方など、多彩な講座内容を帰宅後や休日に気軽に学べる点がいいですね。

ドラッグストア併設薬局は不規則で多忙なイメージがあるかもしれませんが、勤務は週休2日制の安定したシフトでほぼ定時で帰宅でき、プライベートも十分確保できます。薬局も体力勝負。体の不調は過誤につながる場合もあるので、患者さまの健康を守るだけでなく、自分たち医療スタッフ側も健康的にいきいきと働くために休養やリフレッシュは必要不可欠です。私は最近、趣味でホットヨガを習っています。もともとあった強度の肩こり・腰痛が徐々に改善され、心も穏やかになります。仕事を含めた充実した生活を土台に、患者さま一人ひとりに寄り添う医療を目指し、薬とともに優しさも届けていきたいです。

2013年入社 大蘆 伸昂(薬剤師)

社員一人ひとりの思いを尊重し、
夢へのチャンスを与えてくれる場所で働く。

医療従事者である家族の影響で医療系の仕事をこころざし、薬剤師に。趣味は、学生時代にフィッシングチームを結成したほど好きなブラックバス釣り。社会人の現在も休みが合えば友人と釣りに出かける。休日は職場の仲間と集まりバーベキューなどを企画することも多い。

くすり!を渡すだけじゃないシゴト
地域の方々のお役にたち、日本をささえること。それは商品を売るだけでは達成できません。正確でスピーディーな調剤はもとより、在宅医療や介護支援など新しいサービスを進めています。そしてなにより、来店しただけで、患者さまが安心し元気になっていただく場所でありたいと思っています。

目標に向かって、患者さまの声に耳を傾け続ける。
ある日、処方された薬に疑問を抱く患者さまのご家族が来局されました。薬剤師は処方箋の記載内容に少しでも疑問があればその都度医師に確認しますので、私も主治医と直接やりとりをし、結果的に処方内容が変更になりました。その治療方針に納得されたご家族は、以後、「大蘆さん、あの時は助かりました」と言ってくださったのです。「薬剤師さん」ではなく、私という個人に向けた言葉は本当に嬉しく、今でも忘れられない出来事です。

薬剤師の仕事は、調剤し、薬や治療の相談に応えることが第一。ですが、時にはドラッグストアに並ぶ日用品などの商品の話や他愛ない雑談なども必要です。その積み重ねをしていくと、患者さまと心が通じ合ったと感じる心からうれしい瞬間があります。

ただ最初から順調だったわけではありません。1年目は薬や疾患についての知識や、薬局の業務内容を習得するのに必死で、患者さまとも上手く話せず、投薬の際に言葉に詰まることもありました。そこで、職場の先輩に相談し投薬の様子を観察させてもらったり、きめ細やかな社内研修を積極的にうけたり、試行錯誤することに。コミュニケーションに自信のない方もいるかもしれませんが、無理に話す必要はありません。患者さまの声に本気で耳を傾け、ニーズを察知したら提案してみる。「聞き役」に徹するほうがコミュニケーションは取りやすいと思います。そこから少しずつ患者さまも心を開いてくださるはずです。

学生時代、薬局実習で訪れた調剤併設のドラッグストア。調剤はもちろんOTCや日用品まで幅広い知識を持ったある薬剤師さんのシゴトに驚き、自分も地域のかかりつけ薬剤師になろうとこの道に進みました。入社3年目で薬局長になったばかりですが、あの時の薬剤師さんにはまだ近づけていません。調剤の薬の知識はもちろんのこと、保険調剤なので医療事務員が請求するレセプトや保険に関する知識も必要となるので日々勉強です。仕事の速度も能力も異なるスタッフの管理、薬局の運営などと課題は多いのですが、幸い、スタッフ同士仲がよく、困った時は協力してもらえるので随分助けられています。この人間関係の良好さ、アットホームさは各店舗で感じるので、この会社の魅力なのではないでしょうか。

実は、私はもともと教育に興味があり、将来は自分の学んだことを後輩や新入社員に伝えるような人材育成の分野に携わりたいという夢があります。その思いに対して人事担当者は真摯に助言をしてくれ、会社説明会などへの参加も経験させてもらっています。当社は、社員一人ひとりの考えを尊重し、夢へのチャンスを与えてくれる企業です。ですから就職後も自分の夢や将来像はあきらめなくていい。思い続ければきっと叶えられる場所なのです。

2008年入社 丸田 亮(薬剤師)

患者さまが満足できる工夫、配慮をコツコツと。
すべては“選ばれる薬局”になるために。

小学時代に職業研究で初めて知った薬剤師。高校2年で進路を考える際、当時を思い出し、調べるうちに職業として興味が湧き、この道に。休日の過ごし方は、4歳と2歳の娘と公園へ行くこと。趣味の釣りよりも今は子どもたちと遊ぶことが何よりも楽しい。

常に進化していくシゴト
シゴトのなかで、自分も成長し、お客さまの満足を積み上げていく。その先には、社会全体をよくするという大切な目標があります。一人ひとりも会社全体も常に進化していくからこそ実現でき、やりがいのある面白いシゴトになることは間違いありません。

在宅医療の経験で得た自信と医療人としての自覚。
ドラッグストアの調剤薬局は外来のイメージが強いかもしれませんが、当社では在宅医療に携わる機会の多さが魅力です。私は2年間、隣接するクリニックの訪問診療でお薬を提供してきましたが、医師の診療に立ち会ったり、医師へ処方の提案をしたりと、処方設計の段階から関われたことで、医療に携わっているのだと強く実感できました。印象的だったのは、ある独居の患者さまのお宅を訪ねた時のこと。投薬しつつ近況を伺うと「最近転んだんだよ」とおっしゃるので、心配になり担当医師に伝えたところ、検査で骨のヒビが見つかりました。患者さまは入院し、無事退院された時は心から安心しましたし、自分もそのような小さなきっかけで気づけたことに自信が持てました。ただお薬を渡すだけではなく患者さま一人ひとりと向き合うことは本当に大切なのです。

薬局長となった現在は、総合病院の目の前にあり県内でも売り上げ上位を誇る薬局に勤めています。朝から混み合う大変忙しい職場で薬剤師も医療事務員も多く、その分スタッフを管理することの難しさを感じることもあります。ですが、全員がよりよく働ける職場づくりをするのは薬局長の責務。スタッフへのこまめな声かけを徹底し、意思の疎通を図っています。それに薬局運営は一人ではできません。スタッフと力を合わせるには、「患者さまのために、誰よりも速く、誰よりも多くの仕事を」を信条に、率先垂範で動くようにしています。また、調剤薬局は公定価格で同条件なので差別化しにくく、患者さまを増やすのは至難の技。“選ばれる薬局”になるためには、患者さまに満足していただくことの積み重ねが重要だと考えます。そこで、待ち時間の目安をお伝えしたり、待合室の雑誌を変えたり、OTCコーナーを設けたりと、さまざまな工夫や配慮を日々心がけています。

当社には新人薬剤師に先輩薬剤師が教育係として1対1でつくチューター制度があるのですが、私は、教育チームでそのチューターたちをまとめるチューター長も務めています。実は人に教えるのが好きで新人教育に興味があり、自ら上司に志願したのです。「やりたい」という声を上げれば必ず誰かが受け止めてくれ、可能な限りサポートをしてくれる。私にとってはそんな挑戦できる土壌と面倒見の良さがこの企業の最大の特性だと思っています。薬局長との並行で業務はその分増えますが、やりがいも倍増。携わった新人薬剤師たちがゆくゆくは薬局長になれたら、きっと喜びもひとしおでしょうね。今後は、複数の薬局とそのスタッフたちを管理するスーパーバイザーという管理職を目指していきたいです。さまざまな薬局での経験や教育チームで培った経験が管理職で活かせると期待しています。