現在の仕事について教えてください。

わたしは現在、国立呉医療センターの近くに位置するドラッグストア併設の調剤薬局に勤務しており、毎日多くの診療科からの処方を受けています。大きな病院ということもあり、日々受け付けている処方箋の内容は抗がん剤や難病の治療薬など珍しい薬が多いです。直接命に関わる薬が多いからこそ、調剤や監査には責任を持って一つ一つしっかり確認するようにしています。

やりがいを感じる瞬間を教えてください。

ありふれた答えになりますが、やはり「ありがとう」と言われたときにこの仕事を選んでよかったと感じます。患者様の抱えている悩みや気になることを聞き、ほっとした様子で帰っていく患者様の姿を見るととてもやりがいがあります。また、ドラッグストアはOTC医薬品の接客ができるので、多くの専門的な知識を要しますが、薬剤師として必要とされていることに嬉しく思います。

入社の動機を教えてください。

OTC医薬品の接客はもちろんですが、特に在宅医療に興味があり県内でも在宅件数が多い当社を希望しました。また、地域に根づいた健康サポートができることも一つの決め手でした。私は、病気や薬に関することだけでなく患者様の生活に寄り添える薬剤師を目標としており、当社であれば私の理想としている薬剤師や、今後求められる薬剤師像に近づけると考えました。

今後の目標を教えてください。

患者様の病気の症状や薬だけでなく、患者様の生活、その家族に寄り添える薬剤師になりたいと考えています。在宅医療に関わっていきたいと考えていますが、在宅医療は多くの専門職の方と関わるため、より多くの専門的な知識が必要になります。そのためにもあらゆる診療科の処方箋に触れ、まずは自身の知識を増やしていきたいです。